乳液とは

化粧水で肌にたっぷりと保湿成分を浸透させて、乳液がその保湿成分を蒸発させないように上から蓋をする役目になっています。
乳液は油分を15から30%含んでいて、肌への伸びがよくてなじみやすい化粧水とクリームの間の存在です。
もちろんモイスチャー成分が入っていますので、保湿に効果があります。
ただ、乳液に保湿効果があるからといって化粧水もつけずにいきなり乳液をつけても意味がないです。
化粧水は肌を柔らかくして次につけるものの肌への浸透を高めてくれるものです。
乳液の成分を肌にしっかり入れたいのであれば、化粧水のあとに乳液をつけましょう。
乳液をいきなりつけても、肌表面で滑るだけで内部まで浸透しないので気をつけましょう。



乳液のつけかた

化粧水で肌を整えた後に使います。
手でつける方法とコットンでつける方法がありますが、化粧水はコットンを使っても乳液は手にとってつける人が多いみたいです。
ポイントとしては、化粧水でのケアが終わってから1〜2分後ぐらいに使用してみてください。
1〜2分後だと化粧水をつけた肌も落ち着くので、そのタイミングで乳液をつけましょう。
使用量はおおよその目安です。
使ってみて、しっとりするのにベタつかない、自分の肌に合った料を使いましょう。

手でつける
------------------
使用量は10円玉程度の大きさを手にとります。
ほんの少し手の平に乗せたままにしておくと、体温で乳液が温まって肌への浸透がよくなります。
両頬、額、あごに乳液をのせて、指の腹で優しくマッサージするように伸ばしていきます。
目元、口元は乾燥しやすいので重ねて塗ると効果的です。

コットンでつける
------------------
乳液もコットンでつけることをお勧めします。
もちろん手にとってつけてもかまいません。
乳液をコットンでつけることにより瓶に手が触れないので最後まで清潔に使用できますし、手の平よりも水分や油分をしっかり肌に入れることができ、なおかつむらなく肌になじませることができます。
使用量は手でつける場合と同じくらいの10円玉くらいの大きさをコットンにとります。
若干多めでもかまいません。
コットンを軽く肌にあてて伸ばすようになじませていきます。
順番は乾燥しやすい場所の順で、頬、額、あごの順でつけていきます。
テカリがでやすい鼻は最後につけましょう。
よく使用する順番で間違いやすいのが、乳液のあとに美容液を使うことです。
美容液は乳液の前に使用しましょう。
乳液は肌に入れたものに蓋をして出てこないように閉じ込める役割をしていますので、乳液を先につけてしまうと、蓋をしている肌に美容液をつけてしまう事になりますので、中に浸透してくれません。
そして、乾燥肌ではないからと、乳液を使わない人が多いようです。
オイリー肌でクリームを使わないというのでしたらわかるのですが、せっかく化粧水を使うのですからその効果を発揮するためにも乳液はつけた方が効果的です。
せっかくつけた化粧水が、蒸発してしまってはもったいないです。
中に入れた成分達を逃さないようにしましょう。
ベタつきもさほど気になりませんが、どうしても気になるという人はオイルフリーの乳液を使ってみてはいかがでしょうか。
目元や口元はどうしても乾燥してしまいがちです。
化粧水だけのときと乳液を使ったときとでは肌が全然違います。
しっとりするのにベタつかないモチモチの肌というのは理想の肌ですね。
さっぱりタイプの乳液も数多くありますのでぜひ使って試してください。



乳液選び

乾燥肌ではないからと、乳液を使わない人が多いようです。
オイリー肌でクリームを使わないというのでしたらわかるのですが、せっかく化粧水を使うのですからその効果を発揮するためにも乳液はつけた方がいいですね。
せっかくつけた化粧水が蒸発してしまってはもったいないです。
顔が容器で乳液が蓋です。中に入れた成分達を逃さないようにしましょう。
ベタつきもさほど気になりませんが、どうしても気になるという人はオイルフリーの乳液を使ってみてはどうでしょうか。
自分は混合肌ですが乳液はやっぱり大事だと思います。
目元や口元はどうしても乾燥しがちですし、化粧水だけのときと乳液を使ったときとでは肌が全然違います。
しっとりするのにベタつかないモチモチの肌というのは理想の肌ですね。
さっぱりタイプの乳液も数多くありますのでぜひ使ってほしいと思います。

▲ページのトップへ戻る