パック

パックの方法は何種類かあります。
はがすタイプだと、小じわやリフトアップに効果があります。
乾いてくるに従って顔がピシッと張った感じになり、いかにもパックしましたという感じがします。
肌の弱い人だと、はがすときに肌を傷めてしまう場合もあり、産毛が生えていると傷みもあります。
パックを行う前に化粧水などで多少の水分を与えるといいようですが、それでもはがすタイプは肌への刺激が強いです。
洗い流すタイプは顔にパックを塗って、時間をおいて洗い流すものです。
肌のくすみや保湿に効果的ですが、入浴後や洗顔後の清潔な肌に行わなければなりません。
そして、再度洗い流さないといけません。
お手軽にできるパックは、シートタイプ・コットンを使うローションパックや美容液パックが一番簡単で効果的です。



パックの方法

パックにも色々と種類があります。
タイプ別に使用方法を紹介します。


はがすパック
------------------
肌にハリを出し、小じわを伸ばしてくれます。
はがすタイプのパックは乾くまでの間にジワジワと皮膚が引っ張られていくのが実感できます。
パック剤を塗る順番は乾きにくい場所から塗っていきます。
頬→額→あご→鼻と、指がすんなり肌の上を滑れるくらいの厚さに塗ります。
パックに粘り気があるので洋服に垂らさないように注意しましょう。
塗った厚さにもよりますが、乾くまでの時間はおおよそ20分程度です。
手で触ってみてベタつかずに乾いているようなら、上から下に向かってはがします。
はがし終わったら肌にパックの残りがついていないかチェック。
残っているようなら、コットンに化粧水を含ませて拭き取りましょう。
はがすタイプのパックは肌への刺激となりますので、週に1度くらいにしておきましょう。

洗い流すタイプ
------------------
洗い流すパックは、肌のくすみを取り、透明感を出してくれます。
もちろん保湿効果もあります。
入浴後や洗顔後の清潔な肌にパックをします。
パックをする際に、乾燥が気になる場所からパック剤をつけていきます。
厚さは、はがすタイプと同じで、指がすんなりと肌を滑るくらいの厚さに塗っていきます。
目元・口元から塗っていきますが、目に入らないように注意してください。
放置する時間は使うパック剤によって違ってきますので、商品の使用方法を守って行ってください。
指定の時間がすぎたら、ぬるま湯で洗い流します。
洗い終わったあと、タオルを使うときは肌をこすらないようにしてください。

ローションパック・美容液パック
------------------
保湿にかなり効果のあるパック方法です。
市販されているものでしたら、袋の中のローションや美容液を全体に行き渡らせるために少し袋を揉んでから開封しましょう。
中には美容液1本分の成分が詰まっている美容液シートもあります。
自分の手持ちの化粧水や美容液を使う場合は、市販されている圧縮されたシートやフェイスマスクシートやコットンを使います。
使用する化粧水などのボトルのキャップにシートやコットンを入れ、その中にたっぷりと化粧水や美容液を注いで含ませます。
圧縮されたシートはローションや美容液を含むことで膨らんでほぐれてきます。
コットンは伸びたりはがしたりできますので肌の上にのせやすいです。
放置時間は3分です。
放置時間以上パックを顔にのせていると顔の熱で水分が蒸発し、コットンやシートに水分を奪われてしまいますので注意しましょう。



パックでの失敗

パックをすると肌のくすみも取れます。
そして、たるみ・むくみとりにも効果があります。
肌の状態に合わせて、週に1回〜2回行って、ツルツルの肌を手に入れましょう♪
パックをしたまま寝たり、忘れないように!!
洗い流すタイプのパックを塗ったまま眠ってしまうと、カチカチに固まっていて大変な思いをしてしまうかも・・・。

▲ページのトップへ戻る