コラーゲンとは?

コラーゲンとは、動物の体の中にたくさん含まれているタンパク質です。
体の中のコラーゲンは、タンパク質全体の20〜30%の割合です。
その全体の40%が皮膚、20%は骨や軟骨です。
コラーゲンは体内の臓器を形成する材料としての働きをします。
人間の体の中ではコラーゲンが常に働いていて、年を重ねることで働きのバランスが崩れて分解の働きが多くなります。
コラーゲンの分解だけが起こり作られることがなくなると、肌の再生能力が崩れていきます。

コラーゲンの効果

コラーゲンを取ることによって得られる効果は、ハリのある肌・美しい髪などがあります。
コラーゲンだけを取っても効果はあまりありません。
さまざまな栄養分と共に、コラーゲンも補給しなくては効果が出にくいのです。
コラーゲンと共に取ると効果的なものは、ビタミンC。
ビタミンCは体内でコラーゲンを作るときに必要な物質になります。
コラーゲンの効果は肌だけではなく女性のお悩みの骨粗鬆症の予防や、全身を若返らせ健康的な体を作り老化を遅くらしてくれるのです。

コラーゲンを食べる!

コラーゲンはサプリメントなどでも摂ることができますが、できるなら食事で摂ることが一番です。
サプリメントに使われるコラーゲンは、牛や豚などのコラーゲンを使っています。
コラーゲンの働きは弱った体を回復する力があります。
しかし化粧品に含まれるコラーゲンは肌になじみやすく、保湿として使われる物で、肌から浸透するのではありません。
このことからコラーゲンは食事などの経口摂取が好ましいのです。

コラーゲンを含む食べ物

コラーゲンが含まれる食べ物と思い出すのが鶏肉です。
鶏肉は軟骨などのコラーゲンが多く含まれています。
また皮や手羽先にたくさんのコラーゲンが含まれています。
長寿で知られる沖縄などでたくさん食べられる豚などの豚足などにもたくさんのコラーゲンが含まれています。
その他にはフカヒレやうなぎ、なまこなどのも含まれています。
美しいハリとツヤのある肌のために1日にたくさん食べるよりも毎日少しずつ定期的にたべることをお勧めします。

コラーゲンと一緒に!

コラーゲンとヒアルロン酸
------------------
お肌の美しさに忘れてはならないのが、ヒアルロン酸です。
このヒアルロン酸とコラーゲンの二つの物質を使うことで、肌のツヤ・ハリなどを保つことができます。
ヒアルロン酸は美容や外科治療などに使われる成分で、肌の弾力を引き出しヒアルロン酸とコラーゲンの二つの力でより効果的に美しい肌を作りあげます。

コラーゲンとアミノ酸
------------------
実は口から取るコラーゲンはアミノ酸に分解されてしまいます。
また歳をとることによってアミノ酸があっても、コラーゲンは作られないです。
しかし安心してください。
色々な実験の結果、コラーゲンを摂ったらきちんと体内にコラーゲンの量は増えていることがわかっています。
これをふまえて、アミノコラーゲンとして商品化されているものもあります。

▲ページのトップへ戻る