グリセリンとは?

グリセリンとはアルコールの一種で、体の酵素によって糖分と同様に分解されます。
原料としてはパーム油やヤシ油の油脂から取られ、化粧品にも使われますが医療品や食品などにも使われています。
グリセリンの肌への効果は、柔らかなしっとりとしたみずみずしい肌を作ります。
保湿効果もあり寒さでカサつく肌にも効果的で、抗アレルギーの働きがあります。
なので、アトピー体質の方にはグリセリンがオススメです。

グリセリンの特徴

グリセリンの特徴としては、色は無色の透明。
とろりとしたハチミツのような感じの液体です。
水になじみやすく保湿性に優れています。
化粧品にもよく使われていますが、医療用としても幅広く使われている成分です。
また心筋梗塞の薬として有名なニトログリセリンの材料としても、とても大切な成分です。

グリセリン効果って?

グリセリンの効果は、なんと言っても保湿です。
グリセリンは自分で作るスキンケア品には欠かせないものです。
特に肌にトラブルをお持ちの方は、天然成分のグリセリンを使った化粧水がオススメです。
なぜなら、天然成分の入ったグリセリンを使った化粧水は肌に刺激を与えずに保湿をしてくれ、肌を柔らかくしてくれるのです。
グリセリンは効果的にも期待できる成分です。

グリセリン化粧水

グリセリンを使って手作りの化粧水を作り、使っている方もたくさんいると思います。
使うグリセリンは植物性のグリセリンになり、ヤシ油から作る透明でなめらかなグリセリンは化粧水だけではなくクリームなどの手作りに使います。
手作りのものだけではなく、市販されている化粧品にグリセリンは使われています。
グレセリンはすべての肌のタイプにあった物が作れ、肌の保湿効果と潤いのある肌を作ります。

グリセリンと尿素
------------------
グリセリンの化粧水などを作る時に、尿素も一緒に使われることが多いです。
尿素は肌の中から潤いを引き出す成分で、グリセリンの効果で外側から潤い、肌の柔らかさを作り尿素で体の内側から潤いを引き出してあげることを目的として使われます。
ただし尿素は使い方を間違わないように気をつけないといけません。
薬局で売っている尿素の場合、要素の濃度が高いため肌に刺激が強すぎて、反対に肌を悪くしてしまうことがありますので注意してください。

▲ページのトップへ戻る